色素沈着とは?肌が黒ずむ仕組み

色素沈着とは

黒ずみケアについて検索していると必ずと言ってもいいほど出てくる言葉が「色素沈着」ですよね。おそらく一度は目にしたことがあるかと思います。

そして、この色素沈着が原因で肌が黒ずんでいき、色素沈着が進行するほど黒ずみを解消することが大変になっていきます。

では一体どのように色素沈着が起きて肌が黒ずんでいくのでしょうか?この記事では、色素沈着について詳しくまとめました。

色素沈着が起きる仕組み

摩擦や乾燥などによって肌が刺激を受けると、「メラニン色素」という肌の色や髪の毛の色を作っている色素が生成されます。

メラニン色素は肌細胞を守るために必要な色素なのですが、肌細胞を守る代わりに肌を黒くする作用もあるためメラニン色素が生成されるほど肌が黒ずんでいくのですね。

ちなみに、紫外線から肌を守るためにもメラニン色素は生成されています。日焼けによって肌が黒くなるのは、紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素が過剰に生成されるためです。

でも時間が経てば日焼けした肌も元の肌色に戻っていき、日焼け跡なども綺麗になくなっていきますよね。この理由は、ターンオーバーによって生成されたメラニン色素が皮膚の外に排出していくためです。

ターンオーバーは28日ほどのサイクルで起きて肌が生まれ変わっていくと言われています。そのため、約1ヶ月ほどで皮膚に溜まっているメラニン色素を排出していくことができるのですね。

しかし、ターンオーバーは最長で60日ほどまで遅れるとされています。遅れる原因としては加齢やストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスなどさまざまですが、ターンオーバーが遅れることでメラニン色素をうまく排出していくことができず、肌に残ったままの状態になってしまいます。

そうして起こるのが「色素沈着」です。

つまり色素沈着とは、過剰に姿勢されたメラニン色素が排出できず皮膚に溜まっている状態のことを表しているのですね。

色素沈着の黒ずみを解消するには?

ターンオーバー

色素沈着の黒ずみを解消するためには、「今あるメラニン色素」を排出していくためにターンオーバーを促進すること、そして、「これからできるであろう黒ずみ」を予防するためにメラニン色素の生成をブロックする必要があります。

一番お手軽な方法は、自宅でできる専用の美白クリームでのケアですね。レーザー治療などの選択肢もありますが、治療はやはり何を試しても解消できなかった場合の最終手段として考えている方が多いようです。

美白クリームでケアをする注意点としては、トラネキサム酸やグリチルリチン2Kなど厚生労働省から効果効能を認められている成分を配合している医薬部外品を選ぶということです。

市販で販売されている化粧品だと効果的な成分量が少なく、さらに肌に負担をかけるアルコールや合成香料なども含まれていることが多いため、黒ずみ解消効果にはあまり期待できません。

また、保湿クリームと美白クリームは全くの別物で、保湿クリームは「保湿して乾燥を防ぐためのクリーム」、美白クリームは「メラニン色素を取り除いて肌を生まれ変わらせるクリーム」という点にも注意が必要ですね。当然、黒ずみケアには美白クリームのほうが圧倒的に効果的です。

ちなみに、美白クリームはイビサクリームなどが有名です。

イビサクリームを使ってケアをしたレビューは「イビサクリームの効果を検証【敏感肌の私が試した3ヶ月の口コミ】」で詳しくまとめていますので、合わせてご覧になってみてください。