イビサクリームは生理中も使っていい?生理中の使い方

イビサクリームは敏感肌でも使える?

イビサクリームでデリケートゾーンの美白ケアをしている時に悩むことが、「生理の時でも同じように塗布していいのか?」ということですよね。購入前には特に気になりませんが、実際に使っていくと意外と気になるポイントだと思います。

結論から言うと、生理中でも問題なく使うことができますが、生理中はホルモンバランスの影響で体調だけでなく肌環境にも変化が起きやすくなりますので注意が必要です。

この記事では、イビサクリームの生理中の使い方についてまとめましたので、これからイビサクリームでデリケートゾーンのケアをされている方は参考にしてみてください。

生理中に使う場合はパッチテストをしてから!

イビサクリーム

生理中は女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスが変化して、体調にも変化が起きやすくなります。そしてその体調の変化はお肌の変化にも関係していて、生理前や生理中になるとPMSに悩む方も多いですね。

つまり、生理前~生理中は、普段の自分の肌質とは異なる肌質になることがあるのですね。

そのため普段は全く問題なくイビサクリームを使えていた場合でも、生理中になるとヒリヒリ感があったり炎症が起きたりなど、イビサクリームの何かしらの成分がお肌に合わなくなることもあるんです。

なので生理中に使う場合には、まずは二の腕の内側などでパッチテストをしてみて、普段と同じように問題なく使えることを確かめてから使うことをおすすめします。

生理中のデリケートゾーンのケア方法

イビサクリーム

もうひとつ困ることが、生理中もイビサクリームでのケアを続けていくとして、デリケートゾーンはどういうようにケアをしていけばいいのかということです。特にIラインは困りますよね…。

生理中の使い方としては、ナプキンをしているなら生理中は一旦お休みして終わってから再開する、タンポンをしているなら普段どおりお風呂上がりと朝にケアをするといった使い方がおすすめです。

生理中もできればケアを続けていきたいところなのですが、ナプキンだとどうしてもムレが気になってしまいますからね…。ムレはストレスにもなりますし、痒みなども生じさせてしまいますので、ケアをしていることが逆効果になってしまう場合があります。そのため、タンポンを使うことが難しい場合は一旦お休みがベスト。無理をしてまでケアを続ける必要はないと思います。

しかし、タンポンをしているのなら経血でのムレもナプキンほど気になりませんし、お風呂上がりにタンポンを挿入すると綺麗な状態でイビサクリームを塗布することができますので、普段どおりケアをしてもムレは気になりません。

ただし、先ほども書きましたように、生理中は体調だけでなく肌質も変化しやすい時期ですので、デリケートゾーンに使う場合でもお肌に異変が出たら使用をやめてかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

無理をしてケアを続けていくよりもお肌の状況を見ながらケアしていくことが大事ですからね♪ お肌と相談しながら続けるかお休みするか決めることをおすすめしますよ。