お肌への負担が少ないデリケートゾーンのムダ毛処理方法

デリケートゾーンのムダ毛の自己処理方法

最近では脱毛サロンも低価格になってきていますが、スタッフさんにデリケートゾーンを見せなければいけないことや何度も通わなければいけなくて時間的に厳しかったりなどで、デリケートゾーンのムダ毛を自己処理している方も多いのではないでしょうか?

わたしもそのひとりです^^;

でも、脱毛をしないからといってムダ毛処理をしないわけにはいきませんね。処理を怠れば黒ずみより残念なデリケートゾーンになってしまいます。

そこで問題になることが、ムダ毛処理によるお肌への負担です。

繰り返される自己処理で肌ダメージが蓄積していき、メラニンが過剰に生成されることで黒ずみ肌ができあがってしまうんです…。

そこでこの記事では、お肌への負担が少ないデリケートゾーンのムダ毛処理方法をまとめました。自己処理をしている方は参考にされてみてください。

自己処理のお肌への負担は想像以上に大きい…

デリケートゾーンのムダ毛処理

まず知っておかなければいけないこととして、デリケートゾーンは体のなかでも特に皮膚が薄く、外部からの刺激に過敏に反応し、ちょっとした刺激でも黒ずみの原因になるメラニンが生成されてしまうということです。

下着との摩擦でも黒ずんでしまうくらいですから、ムダ毛処理による刺激は想像以上に大きいことは知っておきましょう。

たとえば、カミソリでの剃毛。

剃毛をすることでお肌に必要だったはずの皮脂なども削ぎ落としてしまうことになります。するとうるおいが不足し乾燥するようになりますので、元々刺激に弱いデリケートゾーンがさらに過敏に刺激に反応するようになってしまうんです。

また、目には見えない小さなキズもたくさんついてしまいます。怪我をしたところは治った後に黒ずみが目立つようになるのと同じように、たとえ小さなキズだったとしても黒ずみの原因になります。

毛抜きでの抜毛も同じく刺激が強いですが、ムダ毛を抜くことで新しく生えてくる毛が表面に出てくることができずに皮膚内に埋まってしまう埋没毛のリスクもあります。

埋没毛になるとブツブツが目立つようになりますし、表面に出そうとして無理やり引っ張ると刺激が強くてメラニンが生成される、そして黒ずみに…という悪循環に陥ってしまいますね。

このように、デリケートゾーンのムダ毛処理は常に黒ずみと隣合わせなのです。

お肌への負担が少ないムダ毛処理方法

まずはヒートカッターでムダ毛をカットする

いきなり剃り始めるのではなく、ヒートカッターで長さを整えてから剃ることで全体的な形も整えやすくなり、絡まりを防いでお肌への刺激を最小限に抑えることができます。

また、ヒートカッターは熱線で毛先を焼き切って処理するアイテムですので、処理後のチクチクも気にならなくなります。とてもおすすめなので1本持っておくと便利ですよ♪

薬局などでも安く販売されているため、一度チェックしてみてください。

ヒートカッターを用意できない場合は、ハサミで長さを調整してから剃るようにしましょう。

刺激が弱い電気シェーバーで剃る

肝心の剃毛ですが、T字カミソリやI字カミソリは刺激が強く表皮まで削ることになってしまうため、刺激が弱い電気シェーバーがおすすめです。こちらも薬局などで安く手に入れることができます。

剃る時には毛先を軽くつまんで、引っ張りながら根本に電気シェーバーを当てながら剃っていきます。

この時に皮膚がたるんだ状態で剃ってしてしまうと、皮膚を巻き込んで怪我をすることもあるので注意しながらシェービングをしていきましょう!

ムダ毛処理後は保湿ケアを忘れない

どれだけ丁寧に気をつけて処理をしたいとしても、刺激をゼロにすることはできません。

そこで重要になることがアフターケアです。ムダ毛処理後はお肌が乾燥しやすい状態になりますので、必ず保湿をするようにしましょう。

保湿ケアも顔用やボディー用のクリームを使うのではなく、デリケートゾーン専用のクリームを使うことがベストです。

顔用やボディー用のものですとお肌に負担がかかる添加物(アルコールやパラベンなど)が配合されていることもありますので注意が必要ですね。

デリケートゾーン専用の美白クリームを使うと、美白ケアと保湿ケアが同時にできて一石二鳥です。