グリチルリチン酸2Kとは?

色素沈着とは

美白化粧品に含まれていることが多いグリチルリチン酸2Kですが、どういう効果があるのか、また副作用はないのか気になっている方も多いかと思います。

当サイトでご紹介しているイビサクリームにもグリチルリチン酸2Kが配合されています。

その他の美容成分としては以前の記事(トラネキサム酸はどうして黒ずみに効く?効果と副作用)で詳しく解説した安全で効果も高いトラネキサム酸が配合されていますね。

この記事では、グリチルリチン酸2Kの効果や副作用について詳しくまとめました。

グリチルリチン酸2Kってどんな成分?

イビサクリームは敏感肌でも使える?

グリチルリチン酸2Kは厚生労働省から認可を受けている有効成分で、読み方は「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

古くから漢方薬として利用されている甘草(カンゾウ)という植物の根っこから抽出したエキスで作れる天然成分で、漢方としては喉の炎症を抑えたりするために用いられることがあります。

また、甘草はハーブなどにも使われているんだそうです。

グリチルリチン酸2Kはどうして黒ずみに効く?

グリチルリチン酸2Kには抗アレルギー作用や解毒作用があり、その中でも抗炎症作用がとても優れています。炎症を抑えて健康的な肌状態へと導くことで黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑え、肌ダメージをケアすることができます。

その結果、黒ずみに負けない整った肌になることができるのですね。

そのため、美白化粧品だけでなく炎症を抑えてニキビを改善するニキビケア化粧品に含まれていることも多いです。また、抗アレルギー作用もあることからアレルギー肌を解消するための敏感肌用の化粧品にも配合されています。

つまり炎症を抑えてダメージをケアすることで、結果的に美白効果があるということですね。

しかしグリチルリチン酸2Kの黒ずみ解消効果はあくまでも間接的なものなので、効果が高い美白化粧品の多くはグリチルリチン酸2Kの他にトラネキサム酸などメラノサイト(メラニン色素を生成する色素細胞)の働きを阻害する成分も合わせて配合されています。

また、ターンオーバーを促進する成分も含まれているため、イビサクリームなど効果が高いクリームだとダメージケアと美白ケアを同時にしていくことができるというわけですね。

グリチルリチン酸2Kは敏感肌でも安心の低刺激な成分

トラネキサム酸の副作用

黒ずみケアに優れた効果を発揮するグリチルリチン酸2Kですが、副作用についても気になりますよね。

グリチルリチン酸2Kは1日に40g以上摂取すると偽性アルドステロン症という副作用がでる可能性があります。偽性アルドステロン症とは、吐き気や手足のしびれ、高血圧、頭痛などが起きる症状です。

しかし医薬部外品や化粧品に配合できるグリチルリチン酸2Kの含有量は薬事法によって定められているため、外用するタイプのグリチルリチン酸2Kなら敏感肌の方でも安心して副作用の心配なく使っていくことができます。

経口摂取する場合には長期的に大量に摂取すると副作用の心配がありますが、外用の塗るタイプで規定量を守って正しく利用するぶんには安心してケアができますよ。