黒ずみの知識

お肌への負担が少ないデリケートゾーンのムダ毛処理方法

デリケートゾーンのムダ毛の自己処理方法

最近では脱毛サロンも低価格になってきていますが、スタッフさんにデリケートゾーンを見せなければいけないことや何度も通わなければいけなくて時間的に厳しかったりなどで、デリケートゾーンのムダ毛を自己処理している方も多いのではないでしょうか?

わたしもそのひとりです^^;

でも、脱毛をしないからといってムダ毛処理をしないわけにはいきませんね。処理を怠れば黒ずみより残念なデリケートゾーンになってしまいます。

そこで問題になることが、ムダ毛処理によるお肌への負担です。

繰り返される自己処理で肌ダメージが蓄積していき、メラニンが過剰に生成されることで黒ずみ肌ができあがってしまうんです…。

そこでこの記事では、お肌への負担が少ないデリケートゾーンのムダ毛処理方法をまとめました。自己処理をしている方は参考にされてみてください。

自己処理のお肌への負担は想像以上に大きい…

デリケートゾーンのムダ毛処理

まず知っておかなければいけないこととして、デリケートゾーンは体のなかでも特に皮膚が薄く、外部からの刺激に過敏に反応し、ちょっとした刺激でも黒ずみの原因になるメラニンが生成されてしまうということです。

下着との摩擦でも黒ずんでしまうくらいですから、ムダ毛処理による刺激は想像以上に大きいことは知っておきましょう。

たとえば、カミソリでの剃毛。

剃毛をすることでお肌に必要だったはずの皮脂なども削ぎ落としてしまうことになります。するとうるおいが不足し乾燥するようになりますので、元々刺激に弱いデリケートゾーンがさらに過敏に刺激に反応するようになってしまうんです。

また、目には見えない小さなキズもたくさんついてしまいます。怪我をしたところは治った後に黒ずみが目立つようになるのと同じように、たとえ小さなキズだったとしても黒ずみの原因になります。

毛抜きでの抜毛も同じく刺激が強いですが、ムダ毛を抜くことで新しく生えてくる毛が表面に出てくることができずに皮膚内に埋まってしまう埋没毛のリスクもあります。

埋没毛になるとブツブツが目立つようになりますし、表面に出そうとして無理やり引っ張ると刺激が強くてメラニンが生成される、そして黒ずみに…という悪循環に陥ってしまいますね。

このように、デリケートゾーンのムダ毛処理は常に黒ずみと隣合わせなのです。

お肌への負担が少ないムダ毛処理方法

まずはヒートカッターでムダ毛をカットする

いきなり剃り始めるのではなく、ヒートカッターで長さを整えてから剃ることで全体的な形も整えやすくなり、絡まりを防いでお肌への刺激を最小限に抑えることができます。

また、ヒートカッターは熱線で毛先を焼き切って処理するアイテムですので、処理後のチクチクも気にならなくなります。とてもおすすめなので1本持っておくと便利ですよ♪

薬局などでも安く販売されているため、一度チェックしてみてください。

ヒートカッターを用意できない場合は、ハサミで長さを調整してから剃るようにしましょう。

刺激が弱い電気シェーバーで剃る

肝心の剃毛ですが、T字カミソリやI字カミソリは刺激が強く表皮まで削ることになってしまうため、刺激が弱い電気シェーバーがおすすめです。こちらも薬局などで安く手に入れることができます。

剃る時には毛先を軽くつまんで、引っ張りながら根本に電気シェーバーを当てながら剃っていきます。

この時に皮膚がたるんだ状態で剃ってしてしまうと、皮膚を巻き込んで怪我をすることもあるので注意しながらシェービングをしていきましょう!

ムダ毛処理後は保湿ケアを忘れない

どれだけ丁寧に気をつけて処理をしたいとしても、刺激をゼロにすることはできません。

そこで重要になることがアフターケアです。ムダ毛処理後はお肌が乾燥しやすい状態になりますので、必ず保湿をするようにしましょう。

保湿ケアも顔用やボディー用のクリームを使うのではなく、デリケートゾーン専用のクリームを使うことがベストです。

顔用やボディー用のものですとお肌に負担がかかる添加物(アルコールやパラベンなど)が配合されていることもありますので注意が必要ですね。

デリケートゾーン専用の美白クリームを使うと、美白ケアと保湿ケアが同時にできて一石二鳥です。

体の中から綺麗に!黒ずみ改善に効果がある栄養素と食材

黒ずみ改善に期待ができる食品

お肌の黒ずみを改善するには、美白クリームなどでのケアと合わせて食生活を見直して黒ずみに効く栄養素を摂取していくことで、内側からも黒ずみケアをしていけるようになります。

体内環境を整えることで肌環境を整えていくのですね♪

体内環境を整えるには時間がかかるので即効性がないことがネックですが、長期的に見れば健康的な肌環境を作り上げるだけでなく健康面でもメリットが大きいですので、食生活が偏っている方はこの機会に見直していきましょう!

黒ずみ改善に効果的な栄養素と食材

ビタミンC

ビタミンCに人工改良を加えてお肌への浸透力を高めたり安定性をもたせたビタミンC誘導体という美白成分もあるほど、ビタミンCは美白効果がある栄養素として有名ですね。

ビタミンCが黒ずみ改善に効果的な理由は、抗酸化作用(酸化した肌細胞を酸化する前の状態に戻す作用)や新陳代謝を高めてターンオーバーを促進する効果があるためです。

また、お肌にハリツヤを与えるコラーゲンの生成のサポートをする役割もありますので、ぷるんっとしたもち肌を作るためにも効果的です。

食材からも比較的手軽に摂取できるので、積極的に摂っていきたい栄養素のひとつですね♪

ただし、ビタミンCは安定性が悪く、加熱調理などをすることで壊れてしまう性質があります。なので、できるだけ生での摂取が理想です。

ビタミンCが多い食材

大根、キャベツ、パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、れんこん、イチゴ、レモンなど

ビタミンE

ビタミンEビタミンCもビタミンCと同様に、ターンオーバーを促進して色素沈着しているメラニンの排出を手助けをしてくれる効果があります。

その他にも抗酸化作用や血行促進効果もありますので、肌環境をしっかりと整えていける成分ですね!

ちなみに、肌細胞は活性酵素によって日々酸化が進んでいるのですが、酸化することでお肌の劣化が進んでいきます。いわゆる老化ですね。

抗酸化作用は酸化した肌細胞を還元する(元の状態に戻す)ので、若返り効果もあるんですよ♪

ビタミンが多い食材

アーモンド、落花生、カボチャ、ホウレンソウ、アボカド、オリーブオイルなど

タンパク質

タンパク質は体の細胞を作る重要な栄養素です。最近では良質なタンパク質が摂取できる女性向けのプロテインの販売も増えてきましたね。

しかし、実は意外と不足しがちな栄養素でもあります。

タンパク質が不足すると新陳代謝が低下してターンオーバーが遅れたり、お肌にハリツヤがなくなってしまったりするため、食材での摂取でしっかりと補っていく必要があります。

また、タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、動物性タンパク質には体内で生成ができない必須アミノ酸が含まれています。そのため、豆類などから植物性タンパク質を摂取するだけでなく、肉類や魚介類などから動物性タンパク質もバランスよく摂取していくことが大切ですね。

タンパク質が多い食材

動物性タンパク質
肉類、魚介類、卵、チーズ、牛乳など

植物性タンパク質
大豆、小麦、豆腐、納豆、じゃがいもなど

セラミド

セラミドは細胞と細胞の間にある細胞間脂質のことで、セラミドが不足すると表皮に溜め込める水分量が少なくなり、乾燥肌や敏感肌の原因になります。

また、お肌が乾燥した状態が続くと、外部の刺激などからお肌を守ってくれる役割を担っているバリア機能も低下してしまうため、より刺激に過敏に反応するようになりメラニンの過剰生成につながります。

メラニンが過剰に生成されると一度のターンオーバーでは排出できずに皮膚に残ってしまい、色素沈着が起きて黒ずみが悪化していきます。

このように、乾燥は黒ずみの原因になってしまうのですね。

セラミドをきちんと補うことで表皮に溜め込める水分量が増えてバリア機能も高まるため、刺激に負けない黒ずみにくい肌環境を作ることができます。

セラミドが多い食材

こんにゃく、しらたき、大豆、ひじき、わかめ、コーヒー、紅茶など

鉄分

女性は男性と比べて鉄分が不足しやすいと言われています。この理由は月経などによって、鉄分が体外に排出されてしまうからです。

鉄分が不足すると血行不良や貧血などが起きやすくなり、新陳代謝も低下していきますので、ターンオーバーが遅れて黒ずみの原因にもなりますね。

不足しているぶんは食材やサプリなどで補足していくしかないので、鉄分も意識して摂取するようにしたいですね。

また、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があるのですが、ヘム鉄のほうが体内での吸収率が高いです。なのでヘム鉄を中心に摂取していったほうが効率はいいですよ♪

鉄分が多い食材

ヘム鉄
レバー、牛赤身肉、カツオ、イワシ、サケ、あさり、しじみ、牡蠣など

非ヘム鉄
パセリ、小松菜、ブロッコリー、ほうれん草、ひじき、わかめなど

簡単美肌レシピ動画

グリチルリチン酸2Kとは?

色素沈着とは

美白化粧品に含まれていることが多いグリチルリチン酸2Kですが、どういう効果があるのか、また副作用はないのか気になっている方も多いかと思います。

当サイトでご紹介しているイビサクリームにもグリチルリチン酸2Kが配合されています。

その他の美容成分としては以前の記事(トラネキサム酸はどうして黒ずみに効く?効果と副作用)で詳しく解説した安全で効果も高いトラネキサム酸が配合されていますね。

この記事では、グリチルリチン酸2Kの効果や副作用について詳しくまとめました。

グリチルリチン酸2Kってどんな成分?

イビサクリームは敏感肌でも使える?

グリチルリチン酸2Kは厚生労働省から認可を受けている有効成分で、読み方は「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

古くから漢方薬として利用されている甘草(カンゾウ)という植物の根っこから抽出したエキスで作れる天然成分で、漢方としては喉の炎症を抑えたりするために用いられることがあります。

また、甘草はハーブなどにも使われているんだそうです。

グリチルリチン酸2Kはどうして黒ずみに効く?

グリチルリチン酸2Kには抗アレルギー作用や解毒作用があり、その中でも抗炎症作用がとても優れています。炎症を抑えて健康的な肌状態へと導くことで黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑え、肌ダメージをケアすることができます。

その結果、黒ずみに負けない整った肌になることができるのですね。

そのため、美白化粧品だけでなく炎症を抑えてニキビを改善するニキビケア化粧品に含まれていることも多いです。また、抗アレルギー作用もあることからアレルギー肌を解消するための敏感肌用の化粧品にも配合されています。

つまり炎症を抑えてダメージをケアすることで、結果的に美白効果があるということですね。

しかしグリチルリチン酸2Kの黒ずみ解消効果はあくまでも間接的なものなので、効果が高い美白化粧品の多くはグリチルリチン酸2Kの他にトラネキサム酸などメラノサイト(メラニン色素を生成する色素細胞)の働きを阻害する成分も合わせて配合されています。

また、ターンオーバーを促進する成分も含まれているため、イビサクリームなど効果が高いクリームだとダメージケアと美白ケアを同時にしていくことができるというわけですね。

グリチルリチン酸2Kは敏感肌でも安心の低刺激な成分

トラネキサム酸の副作用

黒ずみケアに優れた効果を発揮するグリチルリチン酸2Kですが、副作用についても気になりますよね。

グリチルリチン酸2Kは1日に40g以上摂取すると偽性アルドステロン症という副作用がでる可能性があります。偽性アルドステロン症とは、吐き気や手足のしびれ、高血圧、頭痛などが起きる症状です。

しかし医薬部外品や化粧品に配合できるグリチルリチン酸2Kの含有量は薬事法によって定められているため、外用するタイプのグリチルリチン酸2Kなら敏感肌の方でも安心して副作用の心配なく使っていくことができます。

経口摂取する場合には長期的に大量に摂取すると副作用の心配がありますが、外用の塗るタイプで規定量を守って正しく利用するぶんには安心してケアができますよ。

色素沈着とは?肌が黒ずむ仕組み

色素沈着とは

黒ずみケアについて検索していると必ずと言ってもいいほど出てくる言葉が「色素沈着」ですよね。おそらく一度は目にしたことがあるかと思います。

そして、この色素沈着が原因で肌が黒ずんでいき、色素沈着が進行するほど黒ずみを解消することが大変になっていきます。

では一体どのように色素沈着が起きて肌が黒ずんでいくのでしょうか?この記事では、色素沈着について詳しくまとめました。

色素沈着が起きる仕組み

摩擦や乾燥などによって肌が刺激を受けると、「メラニン色素」という肌の色や髪の毛の色を作っている色素が生成されます。

メラニン色素は肌細胞を守るために必要な色素なのですが、肌細胞を守る代わりに肌を黒くする作用もあるためメラニン色素が生成されるほど肌が黒ずんでいくのですね。

ちなみに、紫外線から肌を守るためにもメラニン色素は生成されています。日焼けによって肌が黒くなるのは、紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素が過剰に生成されるためです。

でも時間が経てば日焼けした肌も元の肌色に戻っていき、日焼け跡なども綺麗になくなっていきますよね。この理由は、ターンオーバーによって生成されたメラニン色素が皮膚の外に排出していくためです。

ターンオーバーは28日ほどのサイクルで起きて肌が生まれ変わっていくと言われています。そのため、約1ヶ月ほどで皮膚に溜まっているメラニン色素を排出していくことができるのですね。

しかし、ターンオーバーは最長で60日ほどまで遅れるとされています。遅れる原因としては加齢やストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスなどさまざまですが、ターンオーバーが遅れることでメラニン色素をうまく排出していくことができず、肌に残ったままの状態になってしまいます。

そうして起こるのが「色素沈着」です。

つまり色素沈着とは、過剰に姿勢されたメラニン色素が排出できず皮膚に溜まっている状態のことを表しているのですね。

色素沈着の黒ずみを解消するには?

ターンオーバー

色素沈着の黒ずみを解消するためには、「今あるメラニン色素」を排出していくためにターンオーバーを促進すること、そして、「これからできるであろう黒ずみ」を予防するためにメラニン色素の生成をブロックする必要があります。

一番お手軽な方法は、自宅でできる専用の美白クリームでのケアですね。レーザー治療などの選択肢もありますが、治療はやはり何を試しても解消できなかった場合の最終手段として考えている方が多いようです。

美白クリームでケアをする注意点としては、トラネキサム酸やグリチルリチン2Kなど厚生労働省から効果効能を認められている成分を配合している医薬部外品を選ぶということです。

市販で販売されている化粧品だと効果的な成分量が少なく、さらに肌に負担をかけるアルコールや合成香料なども含まれていることが多いため、黒ずみ解消効果にはあまり期待できません。

また、保湿クリームと美白クリームは全くの別物で、保湿クリームは「保湿して乾燥を防ぐためのクリーム」、美白クリームは「メラニン色素を取り除いて肌を生まれ変わらせるクリーム」という点にも注意が必要ですね。当然、黒ずみケアには美白クリームのほうが圧倒的に効果的です。

ちなみに、美白クリームはイビサクリームなどが有名です。

イビサクリームを使ってケアをしたレビューは「イビサクリームの効果を検証【敏感肌の私が試した3ヶ月の口コミ】」で詳しくまとめていますので、合わせてご覧になってみてください。

トラネキサム酸はどうして黒ずみに効く?効果と副作用

美白成分といえばハイドロキノンを思い浮かべる方も多いかと思いますが、ハイドロキノンは美白効果が高いかわりに白斑(色飛び)などの副作用もあることで知られています。

そこで近年注目を集めている美白成分が「トラネキサム酸」です。

トラネキサム酸は厚生労働省から効果効能が認められている有効成分で、副作用の心配なく美白ケアをしていくことができる成分です。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームとして人気が高いイビサクリームにもトラネキサム酸が配合されていますね。

では、トラネキサム酸には一体どのような効果があるのでしょうか?この記事ではトラネキサム酸の効果について詳しくまとめました。

トラネキサム酸ってどんな美白成分?

トラネキサム酸

冒頭にも書きましたように、トラネキサム酸は厚生労働省から認可を受けている有効成分です。

ハイドロキノンは欧米で開発されている成分なので日本人の肌には合わないこともあるのですが、トラネキサム酸は1965年に日本の医師によって開発されています。そのため、ハイドロキノンより日本人向きの美白成分ですね。

医療機関でも処方されることもあり、抗炎症作用があることから抗炎症や抗アレルギー、止血剤などとして治療にも使用されることがあります。

トラネキサム酸はどうして黒ずみに効果的?

そんなトラネキサム酸ですが、トラネキサム酸にはプラスミンという情報伝達物質の働きをブロックする効果もあります。

基本的な黒ずみができる仕組みとして、肌が摩擦や乾燥などによって刺激を受けることで「ケラチノサイト」で活性酵素が発生します。するとプラスミンという情報伝達物質がメラノサイト(メラニン色素を作る色素細胞)にメラニン色素を作るように指令を送ります。

指令を受けたメラノサイトはメラニン色素を作り出し、メラニン色素が肌に溜まっていくことで黒ずみとなって現れます。

トラネキサム酸はプラスミンの働きを阻害することによって、メラノサイトに送られる「メラニン色素を作れ」という命令をブロックすることができるのですね。

メラニン色素の生成量が少なくなると、ターンオーバーによって色素沈着しているメラニン色素も排出していけるようになるため、結果的に美白効果があります。

また、情報伝達を受けてメラノサイトの活性化を予防する効果があるため、黒ずみだけでなくシミやくすみ、そばかすなどを解消するために皮膚科などで処方されています。

トラネキサム酸に副作用はない?

トラネキサム酸は副作用の心配が少ない成分ですが、内服薬を服用する場合には食欲不振、胃痛、胸焼け、嘔吐、発疹などの症状が出る可能性もあります。そのため、医師や薬剤師に相談の元、使用することをおすすめします。

イビサクリームなどの美白コスメに配合されているトラネキサム酸は少量なので、副作用の心配はほぼありません。肌荒れしやすい敏感肌の方はパッチテストをしてから使用すると自分の肌に合うかどうか確かめることができますね。

トラネキサム酸は安全性も効果も高い有効成分

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸は黒ずみだけでなくシミやくすみなども同時にケアしてくれる非常に優れた有効成分です。

塗るタイプのトラネキサム酸なら副作用の心配もなく使っていけるので安心ですね。

私はトラネキサム酸が配合されているイビサクリームを使ってデリケートゾーンのケアをしているのですが、敏感肌でも何も問題なく使っていくことができていますよ。

イビサクリームについて、詳しくは「イビサクリームの効果を検証【敏感肌の私が試した3ヶ月の口コミ】」でまとめていますので、参考にされてみてください。